analyticsTags

Grid banner

性別

年齢

キャンペーン中

ブランド

    • トップブランド

    • すべてのブランド

    スポーツ

    商品詳細

    フレームカラー

    • べっこう

    • イエロー

    • オレンジ

    • クリア

    • グリーン

    • グレー

    • ゴールド

    • シルバー

    • バーガンディー

    • パターン

    • ピンク

    • ブラウン

    • ブラック

    • ブルー

    • ホワイト

    • レッド

    • 明るさ

    レンズカラー

    • イエロー

    • クリア

    • グリーン

    • グレー

    • ゴールド

    • シルバー

    • ブラウン

    • ブルー

    • レッド

    フレームタイプ

    レンズタイプ

    フレーム素材

    サイズ

    レンズの横幅

    価格

    子ども用サングラス

    (836)

    振り分ける:
    Upsell Banner for generic product page VTO POPUP

    1-836製品の59

    子ども用サングラス

    子ども用サングラスは、子どもたちがファッションを楽しむだけのものではありません。また、好きな年上の兄弟や親とお揃いにするためだけのものでもありません。子どもは大人よりも太陽光で目にダメージを受ける危険性が高いためども用サングラス男性用女性用サングラス以上に、重要なアイテムだと言えます。私たちは、子どもUVサングラスがもたらす保護機能の重要性を理解しています。そして、大事なときにかけ続けてもらうためには、クールで楽しいカラーであることも重要です。

     

    ダウンヒルスキーで次の大物を目指しているお子さんにも、ビーチで波乗りを楽しんでいるお子さんにも、私たちのデザイナー子ども用サングラスは、どなたにもぴったりです。特に、あなたの子どもがアクティブな場合は、利用可能なブランドをチェックし、お子様のライフスタイルに合ったものを最良のサングラス選択する必要があります。

     

    あなたは、若者に人気なRay-Ban Kidsを含む、いくつかの人気ブランドの子ども用サングラスの中から、最もスタイリッシュなサングラスを探すことができます。Ray-Ban Kidsは、Ray-Banのデザイン性の高さに加え、お子様のあらゆる要求に応え、常にフレッシュでいられるアクセサリーを提供しています。SmartBuy Kidsは、手頃な価格のアイウェアをお探しの方に、品質に妥協しない素晴らしいソリューションとして提供をしております。私たちのコレクションは、子どもたちに必要な保護機能を提供すると同時に、製品の耐久性によって保護機能が維持できることを誇りを持っています。子ども用Oakley sunglassesは、大人向けと同じように、様々なレンズカラーがあり、アクティブなライフスタイルな親子がお揃いで購入することができますもしOakleyを信頼して利用している場合は、お子様の分の購入もあわせてご検討ください

     

    子どもによってサングラスは必要ない?

    この問いに対する答えは、あるにとっては当たり前のことかもしれませんが、ある人にとっては純粋な疑問で。質問の答えは、ノーですサングラスをかけないのは、子どもにとって悪いことなのです。紫外線が大人の目に与えるダメージについて知られていますが、子どものが影響を受けないとは言われていません。実際に、子どもの目は大人の目よりも太陽光に弱いので、日光を浴びるときはサングラスをかけることがより重要なのです。

     

    子どもたちは、学校の授業やスポーツ庭や公園での遊びなど、普通の大人よりも屋外で過ごす時間が長いため、これらの重要なことに気づかれないことが多いです。つまり、子どもたちは大人よりも多くの紫外線を浴びているため、紫外線対策がより重要です。また、子どもの目の周りの皮膚やまぶたは、より敏感で、紫外線の影響を受けやすいです。これらのダメージが蓄積されると、白内障や黄斑変性症などの長期的な目の病気につながる可能性があります。また、短期的な副作用として、目に日焼けをしたような状態になる光線角化炎(こうせんかくまくえんなども懸念されます。

     

    子ども用サングラスはどのように選ぶべき?

    上記の点を考慮すると、どもサングラスを選ぶ際には、それらに見合った特定の機能があるかどうかを確認する必要があります。最も重要なことは、見た目よりも機能です。最も重要な機能は、間違いなく、UVカットです。見た目が良くても、紫外線を十分にカットできないサングラスは、まず最初に除外をすべきです。

     

    次に、サングラスの耐久性を確認します。活発な子どもたちは、うまく組み立てられていないサングラスを軽々と使いこなすでしょう。耐衝撃性があり、アセテートプラスチック金属など長持ちする素材であることが必要です。レンズの寿命を延ばすために、アンチスクラッチのようなレンズコーティングを選び、煩わしいを残さないようにしましょう。また、子どもの活動に合ったサングラスについて検討をし、特定の側面の視界や見え方を強化する色合いを選択する必要があります。もしこれらの内容で検討をされる場合は子どもスポーツサングラスで絞り込んでみてはいかがでしょう。

     

    どもUVサングラスがあれば安心ですが、子どもたちが喜んでかけてくれるかどうかも重要です。選択過程の中でどもに確認をしながら、彼らサングラスに興奮している場合はそれらを維持してくれる可能性が高いはずです。また、サングラスをかけたあなたの姿を見せることも、子どもを説得する大きな要因の一つです。 

     

    どの子どもUV保護サングラスを持つべきですか?

    どもサングラスUVカット率は、そのカテゴリーによって異なってきます。カテゴリーは0から4まであり、4が最も高い保護レベルです。0-2の範囲に入るども用サングラスは、スタイルに最適で、紫外線に対する非常に最小限の保護を提供していますが、子どもが太陽の露出さらされる場合は、正しい選択ではありません。例えば、日差しの強くない場所ではSPF値の低い日焼け止めクリームでも大丈夫でも、日差しの強い場所に行った途端、戸棚にある一番高いSPF値の日焼け止めクリームで頭からつま先まで覆ってあげませんか? あなたの目は、日焼け止めケア同じレベル保護必要です。残念ながら日焼け止めクリームは、目の保護はできないので子ども用サングラスがそれらの問題を解決します目の最適な保護のために、カテゴリ3または4に分類されるサングラスお選びください。