メガネ| 眼科知恵袋 SmartBuyGlasses JP

どのような種類のレンズコーティングがありますか?

 

レンズコーティングは、メガネのレンズを丈夫で長持ちさせるために重要な役割を担っています。残念ながら、全員がさまざまな種類のレンズコーティングを知っているわけではありません。

 レンズコーティングは、単焦点レンズ、遠近両用レンズ、累進レンズに関わらず、メガネのレンズ性能を向上させます。

新しいメガネが必要な方は、メガネのレンズコーティングとそれぞれの用途について、ここで説明します。

 

反射防止コーティング

 

反射防止膜(ARコーティング)は、メガネレンズの裏と表からの反射を除去する微細な多層膜です。そのため、反射による視界の乱れを防ぐことができます。

このレンズコーティングは、アンチグレアコーティングとも呼ばれるように、眩しさも除去することができます。これは、きつめの街頭路、車のウィンカー、きつめのヘッドライトによる突然の失明を確実に避けることができるため、運転する人々にとって最良の選択肢となります。

すべてのメガネレンズ、特にポリカーボネートレンズや高インデックスレンズには、プラスチックやガラスレンズよりも光を反射しやすいので、必ずこのコーティングを施してください。

 

アンチスクラッチコーティング

 

プラスチックレンズは、軽くて丈夫なので、着用に便利です。しかし、キズがつきやすく、破れやすいという欠点があります。

アンチスクラッチコーティングは、ハードな塗料を使用した特殊な物質です。レンズを傷つきにくくするだけでなく、安定した視界と耐久性を保証するために施されます。メガネの最初の防衛線です。

このレンズコーティングは、お子様やアクティブなライフスタイルの方に最適です。

このようなレンズコーティングは、レンズを摩耗や損傷から完全に保護することができないことを覚えておいてください。細心の注意、適切な取り扱い、保管を強くお勧めします。

ポリカーボネートや高インデックスレンズは、すでにアンチスクラッチコーティングの特性を備えています。

 

曇り止めコーティング

 

冷房の効いた車や公共交通機関から降りた後、メガネが曇る瞬間があります。それは単に迷惑なだけでなく、一時的に視界がぼやけるため、安全上も問題があります。

幸いなことに、現在では曇り止め加工が施されたメガネが販売されています。

このレンズコーティングは結露を防ぎ、寒い場所から暖かい場所への移動の際に発生する曇りを解消します。さらに、運動や暑い気候で汗をかいたときにも、曇り止めのコーティングをすることで、レンズの曇りを防いでくれるのです。

このタイプのレンズコーティングは、プラスチック、ポリカーボネート、高インデックスのレンズに適用することができます。

 

UV保護コーティング

 

紫外線の浴びすぎは、白内障や網膜の障害など、目のトラブルの原因になります。幸いなことに、プラスチックレンズはその一部をブロックすることができます。

また、UVカットコーティングも有益なフィルターです。これは目に見えない色素でレンズの能力を高め、有害な光を100%ブロックします。

このレンズコーティングは通常、プラノレンズ(処方箋なしのみ)に追加されます。

ポリカーボネートと高インデックスのレンズにはUV保護コーティングは必要ありません。フォトクロミックレンズもコーティングを追加することなく、太陽光を100%ブロックします。

 

ブルーライトブロックレンズコーティング 

 

ブルーライトとは、現代のデジタルデバイスのほとんどに搭載されているLEDスクリーンから発生する、明るい人工的な光のことです。ブルーライトブロック・レンズコーティングは、ブルーライトとメラトニンの摂取を妨げる有害な紫外線をブロックするために特別に設計されたものです。つまり、このレンズコーティングは、デジタルデバイスから発せられる有害なブルーライトを除去するブルーライトフィルターの役割を果たすのです。

一日の大半をデジタルスクリーンの前で過ごす方は、デジタル眼精疲労(コンピュータビジョン症候群としても知られています)から目をリラックスさせるために、ブルーライトブロック・レンズコーティングをご検討ください。

 

偏光レンズコーティング 

 

レンズコーティングを語る上で、偏光は実は他の種類のレンズコーティングとは異なるということを知っておくと良いでしょう。偏光とは何なのか、反射防止膜とはどう違うのか。または同じものなのでしょうか?

反射防止コーティングは、基本的に屋外でも屋内でもレンズ表面でのまぶしさや反射の影響を軽減しますが、偏光レンズは主に屋外での使用を目的としています。偏光レンズは、水面や路面など平らで滑らかな面で反射する光のうち、反射率の高いまぶしさを、他のタイプのサングラスレンズよりも遮断します。ウォータースポーツをする人など、屋外で太陽のまぶしさに悩まされる人であれば、偏光レンズのコーティングは有効です。

偏光レンズとは、レンズに偏光フィルムを貼り付ける加工です。偏光フィルムはフィルターとして機能し、反射面から跳ね返ってくる通常の太陽光の7~10倍の明るさの光を遮断します。

偏光コーティングのオプションは累進レンズのサングラスにも適用されます。つまり、屋外で多くの時間を過ごす40歳以上の人々にとって素晴らしいオプションと言えるでしょう。さらに、SmartBuyGlassesフォトクロミックレンズと同様に偏光サングラスを提供し、一日中太陽の下で過ごす人々に適しています。