analyticsTags

ホーム/メガネ/多焦点眼内レンズ/累進レンズ

Grid banner

性別

キャンペーン中

ブランド

    • トップブランド

    • すべてのブランド

    商品詳細

    フレームカラー

    • べっこう
    • イエロー
    • オレンジ
    • ガンメタル
    • クリア
    • グリーン
    • グレー
    • ゴールド
    • シルバー
    • ツートン
    • バーガンディー
    • パターン
    • ピンク
    • ブラウン
    • ブラック
    • ブルー
    • ホワイト
    • レインボー
    • レッド
    • ローズゴールド
    • 明るさ

    フレームタイプ

    レンズタイプ

    フレーム素材

    サイズ

    レンズの横幅

    価格

    メガネ

    (34408)

    振り分ける:
    製品にマウスカーソルを置きます
    VTO page link
    HB Upsell bubble in grid - BOGO50%

    1-34408製品の59

    メガネ

    累進レンズは、徐々に人気が高まっており、一般的に複数の矯正処方を必要とする高齢者世代だけのものではなくなっています。私たちが日常的に多くのデジタル機器を使用するようになったため、目はより早く緊張し、疲れやすくなっています。つまり、より早い時期から累進レンズ付きの遠近両用メガネが、必要になる可能性が高いということです。通常のレンズと見た目は変わりませんが、3つの処方箋を1つのレンズにまとめられるので、時間とお金をたくさん節約することができます。最近では、バリフォーカル累進コンタクトレンズも手に入れることが可能です。詳しくはこちらをご覧ください。

     

    累進レンズとは?

    累進多焦点レンズは、視力矯正の力を複合して1枚のレンズに収めたもので、最も高度なレンズといえます。よりよく理解をするために、最も基本的な単焦点レンズから始めましょう。このタイプのレンズは、1つの矯正度数しか持たないため、近視、中間距離、遠距離の視力の矯正に使用することができます。つまり、3つの距離を見るのに苦労している人は、3組の単焦点レンズが必要で、アクティビティに応じて交換することになります。

     

    遠近両用は、その名の通り、2種類の視力矯正に対応するものです。レンズの下半分は近距離の視界を、上半分は遠距離の視界を矯正するものです。遠近両用レンズの特徴は、2つのレンズが交差する線があることです。この線は見つけやすく、年配の方でも確認できるものなので、少しおしゃれには欠けるかもしれません。

     

    異なるレンズタイプに3つの複雑さを加えるために、バリフォーカルレンズを紹介します。このレンズは、近視、中視、遠視の3つの処方度数を持っています。1つのメガネで完璧な視界が得られ、レンズセクションを切り替えることができるため、どの距離でも快適に見ることができます。遠近両用と同じように、レンズの各セグメント間に線があります。

     

    では、バリフォーカルと累進レンズの違いは何でしょうか?「累進レンズバリフォーカルと同じなのか」という疑問のように、累進レンズバリフォーカルレンズは混同されることが多いです。このような質問が多く寄せられますが、端的に言うと答えは「いいえ」です。累進レンズは、3つの処方度数を提供するという意味では、バリフォーカルレンズと同じですが、3つの度数が線で区切られているわけではありません。累進レンズは、それぞれの矯正力がスムーズにブレンドされています。つまり、レンズのラインを不快に感じることなく、リラックスをしてそれぞれ度数へ移行することが可能です。

     

    累進レンズの利点と欠点

    累進レンズには、遠近両用レンズ単焦点レンズと比較して、いくつかの利点があります。主なメリットは利便性です。3つの視力障害がある場合、3つの単焦点メガネが必要になるか、バリフォーカルが必要になるかのどちらかです。3組の単焦点レンズを購入すべきではない理由としては、アクティビティごとにフレームを交換することになるからです。例えば、文章を読む時は手元に老眼鏡が必要ですが、車に乗ってドライブに出かける場合、遠近両用メガネが必要になります。職場に着いてコンピュータを見たら、コンピュータ用メガネのような中近視用メガネに変える必要があります。さらに、3つの別々のメガネを購入すると、明らかにコストがかさみます。一方で、バルフォーカルレンズメガネを1つだけ購入すれば十分です。そうすることで、1つのレンズで3種類の視力矯正ができるのです。確かに、遠近両用レンズ、特に累進レンズは、より高価になる可能性があります。しかし、3つの単焦点メガネを購入することと比較すれば、費用はそこまで変わりません。私たちのサイトでは、累進レンズを道理的なコストかつ簡単に見つけることができます。なぜなら、私たちは最低価格を100%保証しているので、最も人気のあるデザイナーフレームでさえ、他のどこよりも低価格で見つけることができます。さらに、SmartBuy Collectionではわずか715円の安い遠近両用メガネを、オンラインで手に入れることができますし、Ray-BanTom FordVersaceのフレームの遠近両用サングラスレンズも購入可能です。

     

    累進レンズのもう一つのメリットは、ファッション性の高さです。一般的に、年配の方のレンズに見受けられるように、レンズ全体に見える線があるのは、あまりスタイリッシュとは言えません。累進レンズは、処方箋のすべてのセグメントがお互いに混ざり合うので、そのような線はありません。累進レンズは、完璧な視力とファッション性の両方を求める人にとって、完璧なオプションです。


    一方で、完全に完璧なものというのはありません。累進レンズは、処方箋を混ぜ合わせるため、レンズの端のエリアがわずかにぼやけます。しかし、これは視力を損なうものではありません。最初の1時間から最初の1週間は、その変化が気になるでしょう。また、累進レンズの着用者は、多くの対象物がぼやける、いわゆるスイムエフェクトを経験することがあります。特に階段を上っているときなど、奥行きの見え方に違いがあると報告されたお客様もいらっしゃいます。それでも、これらの影響は最初の1週間で必ず解消されます。そうでない場合は、お近くのメガネ店に行くか、当社のオンライン認定眼鏡士に相談することを強くお勧めします。この変化から逃げてはいけません。累進レンズ遠近両用レンズを比較すると、これらの調整期間は非常によく似ています。遠近両用レンズの着用者は、レンズの度数を切り替えるときに、真ん中の線を見てしまうので、しばしば不快感を感じます。この不快感は、累進レンズの場合よりも長く続くことでしょう。これらはすべて、累進レンズを検討する際に考慮すべき要素となります。