ホーム/メガネ/Safety Goggles
Grid banner
フィルター
振り分ける
人気の商品
性別
キャンペーン中
ブランド
  • Safety Goggles
すべてのブランド
フレームカラー
フレームタイプ
フレーム素材
サイズ
XL
69 mm69 mm
価格
¥2273¥2273

メガネ

保護用メガネは、目に傷害を与えることを防ぐための要件を満たした、特定の規格に準拠した保護用メガネです。 

 

仕事屋外での活動を楽しむ場合、適切な保護用メガネを手に入れることで、外的要因による目の損傷や病気のリスクを軽減することができます。保護メガネは、革新的なデザインやレンズ技術など、どんな場面にも合うように作られています

 

保護メガネは、保護メガネの規制に準拠した、耐久性と耐熱性のあるフレームが必要です。保護メガネのレンズ、通常のメガネサングラスと比較し、特定の要件に関して、より高い基準準拠しています。保護用メガネには、耐衝撃性の高いレンズが必要ですがプラノレンズ処方箋付きレンズのどちらのタイプもあります

 

SmartBuyGlassesでは、家族全員が楽しめるような高品質の保護メガネ、お手頃な価格で購入が可能です

 

なぜ、保護用メガネをかけることが重要なのですか?

CCOHSによると、毎日何千人もの人が仕事関連目の損傷をおっているといわれています。デジタル機器を利用する場合でも、より危険な作業をする場合でも、目損傷する可能性があります。

 

損傷の大部分は予防可能ですが、アクティビティの種類によって、利用するアイウェアの種類を考慮する必要があります。例えば、毎日コンピューターを使って仕事をする場合、デジタル機器から発せられる有害な眩しさにさらされています。このまぶしさは、眼精疲労や頭痛の原因となり、睡眠パターンを狂わせてしまいます。そのような方はメガネzFORT®ブルーライトブロックを追加することをお勧めしていますブルーライトブロックメガネは、まぶしさをブロックし、目のダメージを軽減することができます。

 

では、いつから保護メガネをかけることを検討すべきなのでしょうか?目や視力を保護するために、特定のスポーツサングラスを使用することができます。例えばスキーゴーグルは、寒いゲレンデを滑るときの目の保護とてもマッチしています。

 

しかし、危険な作業を行う場合、以下の理由から、適切な保護用メガネの着用を検討する必要があります。

 

1. 一般的予防可能な傷害から目を保護することが可能

2. 破片や化学物質のような危険取り扱う場合、目に損傷を与える危険性を大幅に減らすことが可能。

3. 多様な機械を扱う際の視覚的な明瞭さ

4. また、PRO GEARのようなスポーツ用の処方箋付き保護用メガネ購入可能。

5. 正しい保護用メガネを使用することで、目の病気のリスクを減らすことが可能。

 

処方箋付き保護用メガネの購入についてもっと知りたい方は、オプティカルセンターの記事をご覧いただき、目ケアに関するアドバイスをご確認ください。 

 

保護用メガネはOSHA認証の商品でなければならないのですか?

OSHA(Occupational Safety and Health Administration)は、職場で働く人を守ることに重点を置いた規則やガイドラインを定めています。その要件の1つに、目に関する怪我が最も起こりやすい場合に、労働者が適切なアイウェアを持つべきと明記されています。

 

上述したように、危険取り扱う場合は、保護用メガネで目を保護することが重要です。OSHA 1910.133という特定の規制は、保護用メガネが特定の基準を満たすために、職場でテストと承認をされる必要があることを意味します。 

 

要するに、保護用メガネOSHA規則で、承認されて必要があるということで。重要なことは、当該メガネがOSHA承認済みであるかどうかを明確に記載することです。また、標準的な保護メガネにはANSI規格があることがあります。ANSI規格は、その保護メガネが耐衝撃性と視覚的透明度の要件を満たしていることを保証するものです。この例として、プロのアスリートも中程度~エクストリームスポーツの活動に利用できるOakleyのサングラスがあります。 

 

保護用メガネレンズの曇りを止める方法

メガネが曇りやすい理由はさまざまですが、「メガネの曇りを防ぐ方法」の記事で、あなたが知っておくべきことがわかります。

 

保護メガネに関して言えば、問題と解決策は通常の処方箋付きメガネと非常に似ていることがわかります。

 

メガネが曇る主な理由は以下の通りです。

1. レンズのコーティング経年劣化

2. メガネの間違ったお手入れ

3. 結露

 

メガネの曇りを防止するために、以下のような方法をとることができます。 

- 曇り止めを使う(スプレー、ジェル、拭き取り)。

- アイウェアを顔から遠く離す

- 曇り防止グコーティング

 

曇り止め液やコーティングは、保護用メガネを定期的に利用する場合に有効な投資です。メガネが曇るのは面倒なだけではなく、危険物を取り扱う作業で危険を伴います保護メガネレンズには、どんな天候でも使用できる永久的な曇り止めコーティングを施すことが推奨されています。

 

曇り止めだけでなく、メガネと目を毎日保護するための多様なレンズコーティングについて詳しく知ることができます。

 

保護用メガネの購入できるところとは

店頭やオンラインの多くのアイウェア販売店では、多様な保護用メガネを見つけることができます。 

 

処方箋付き保護用メガネを購入する場合でも、処方箋なしのレンズ購入する場合でも、OHSAやANSIの規制を確認することを忘れないようにしましょう。

 

SmartBuyglassesでは、仕事用やレジャー用の保護メガネやスポーツサングラスを見つけることができ、保護コーティングを施してパフォーマンスを向上させることができます。オプティカルセンターでは、オンラインで購入できるメガネやサングラスに関するさまざまな情報を提供しています。