サングラス| 眼科知恵袋 SmartBuyGlasses JP

フォトクロミック vs. 偏光レンズ (違いとは?)

 

レンズの種類は数え切れないほどあり、どれが自分に合っているのか選ぶのは難しいかもしれません。そこで、フォトクロミック偏光レンズの違いを説明し、あなたのライフスタイルや個性に合った素敵なメガネを見つけるサポートをさせていただきます。

 

偏光レンズとフォトクロミックレンズの違いは何ですか?

フォトクロミックサングラスと偏光サングラスは、どちらも有害な紫外線から目を効果的に保護し、多様なフレームスタイルから選ぶことが可能です。両者には共通点があるため、それぞれの機能を比較することで、どちらがあなたの生活に適しているか知ることができます。ここでは、フォトクロミックと偏光レンズの主な特徴について説明します。

 

フォトクロミックレンズとは?

フォトクロミックレンズは、トランジションレンズとも呼ばれ、メガネサングラスの中間にある優れた代替品です。

 

紫外線が当たると、レンズの分子が形を変え、光を吸収します。これにより、レンズの色が徐々に暗くなり、紫外線から目をより保護します。紫外線を浴びていない時は、レンズは再び透明に戻ります。 

 

レンズは、周囲の紫外線量に応じて透明から暗い色合いまで変化します。ただし、フォトクロミックレンズの中には、通常レンズに付属している紫外線を車のフロントガラスが遮ってしまうため、運転には適さないものがあります。例えば、Gen8 transition lensesはフロントガラスの向こう側では暗くなりませんが、XTRActive lensesは分子が多いため、車内でもトランジションします。

 

偏光レンズとは? 

水面、金属、ガラス、雪などの表面に太陽が反射すると、強力な横方向のまぶしさが発生し、目にダメージを与え、目を細めるひつよう細める必要があります。偏光レンズは、まぶしさを抑え、視界を改善し、透明度を上げ、コントラストを強調し、周囲の環境をより鮮やかにするように設計された明確なフィルターを持っています。

 

処方箋付き偏光サングラスを購入すると、レンズは常に着色された状態になります。そのため、屋外から屋内へ移動する際には、屋内で着用するための透明なメガネをもう1つ持ち歩く必要があります。

 

偏光レンズとフォトクロミックレンズのどちらがいいの? 

偏光レンズとフォトクロミックレンズは、それぞれ特徴があり、比較するのが難しいレンズです。それぞれの機能性を確認し、ご自身のライフスタイルに合ったものをお選びください。

 

フォトクロミックレンズは、外出の多い方におすすめです。サングラスとメガネの両方の機能を持つ便利なメガネを1つだけ持っていたいという方に最適です。 

 

また、明るい場所で多くの時間を過ごし、まぶしさに悩まされることが多い場合は、偏光サングラスがより適しており、UV保護であなたの目を完璧に保護します。

 

まとめ

フォトクロミックレンズと偏光レンズの違いを理解した上で、新しいメガネを購入しましょう。SmartBuyGlassesでは、180以上のデザイナーブランドから男性用女性用子ども用サングラスを幅広く取り揃えていますので、あなたの個性に合った最高の一本がきっと見つかるはずです。

 

私たちの革新的なバーチャル試着ツールを使って、素晴らしい偏光サングラスとフォトクロミックメガネをすべて試着し、ファッショナブルかつ実用的な新しい見た目を手に入れてください。