専門家に相談

?
まだ聞きたいことがありますか? 質問はこちら

遠近両用メガネ - 知っておきたいこと

もし、あなたの視界が完璧でないと感じたら、遠近両用メガネが必要かもしれません。

 

視力は、年齢、目の怪我、ドライアイ、健康状態、遺伝、喫煙などによって、時間とともに変化することがあります。どのようなメガネが必要かは、多くの要素に左右されます。この記事では、遠近両用メガネがあなたに適しているかどうかを判断するために、遠近両用メガネについて説明します。 

 

遠近両用メガネとは?

遠近両用メガネは、視力が低下したり、目のピントがうまく合わない場合に、遠くや近くのものを見やすくする為のものです。視力矯正に役立つ4つの主なタイプの遠近両用メガネを見てみましょう。

 

単焦点遠近両用メガネ

単焦点視力の矯正には、遠近両用メガネが最も役に立ちます。単焦点視力とは、近視や遠視のことで、乱視も一緒になっている場合があります。

 

遠くのものに焦点を合わせるのが難しい場合は、近視である可能性が高いです。近視用の遠近両用メガネ(-0.00)は、ぼやけて見える遠くのものを、はっきり見ることができます。

 

逆に、遠視(+0.00)は、遠くのものは見えるが近くのものが見えにくい状態です。

 

乱視(CYL & Axis)は、本来、角膜の形が悪いために、視力がぼやけたり、歪んで見えたりする状態です。しかし、乱視には様々な程度があり、このような矯正をすることはごく当たり前のことです。

 

多焦点レンズ

複数の視力矯正が必要な場合は、遠近両用レンズ、三重レンズ、累進レンズが必要になる場合があります。

 

遠近両用レンズや三重焦点レンズは、レンズに度数が異なるところを示す、目に見える線で分けられています。遠近両用レンズや三重焦点レンズは、遠くのものを近くのものに見やすくし、老眼の矯正にも役立ちます。

 

累進レンズは、度数の切り替えを示す線がないため、よりシームレスに複視を矯正することができます。 

 

コンピューターメガネ

コンピュータメガネは、通常のメガネや老眼鏡とは異なり、DES(デジタル眼精疲労)を軽減することを主な目的としています。

 

また、デジタルデバイスに長時間さらされることによる影響から、視力をより保護するために、コンピューターメガネにブルーライトフィルターを追加することが一般的です。

 

老眼鏡

年齢を重ねるにつれ、視力は近くのものに焦点を合わせるために、ちょっとした手助けが必要になります。本を読むときにも、買い物リストを確認する用に、手ごろでスタイリッシュな老眼鏡がオンラインで見つけましょう。 

 

老眼鏡を遠近両用メガネとして使えますか? 

老眼鏡は、遠視や老眼を矯正するために、小さな文字や近くの物(通常、顔から35cmの距離)を見るのに役立ちます。必要な倍率に応じて、さまざまな度数のものがあります。

 

老眼鏡は近くのものを見るためのものなので、遠くのものを見るのには適していません。必要な視力を確実に矯正するには、別の種類のレンズを使用するのがよいでしょう。

 

遠近両用メガネはいつかけたらいいですか?

遠近両用メガネをいつ掛けるべきかは、処方箋や目のニーズ、さらにはライフスタイルによって異なります。お近くの眼鏡店に行って相談をし、どのような場合に遠近両用メガネを使用するのが最も適切かを話し合ってください。例えば、近視の場合は、眼鏡なしで車を運転することはできません。

 

ほとんどの遠近両用メガネは、毎日、一日中かけても大丈夫です。視界がクリアになり、快適だと感じられるのであれば、なぜそうしないのでしょうか?

 

視力の問題は、視界のぼやけや頭痛、目の疲れなどの原因になることがあります。遠近両用メガネは、これらの問題を予防または軽減し、毎日をより快適に過ごすことに役立ちます。

 

メガネ店や眼科医に相談し、遠近両用メガネをかけるタイミングをよく理解してください。

 

まとめ

処方によっては、常にまたは時々、遠近両用メガネの着用が必要になります。読書の場合だけ補助が必要な場合は、遠近両用メガネではなく、老眼鏡が必要な場合もあります。

 

メガネ店や眼科医に相談し、必要な視力矯正(近視、遠視、乱視など)が決定したら、遠近両用メガネをどこで購入するか自問自答することになるかもしれません。SmartBuyGlassesは、単焦点レンズから累進レンズまで、あなたのあらゆる目のニーズに合う、実用的でトレンディな処方箋付メガネを提供しているので、検討を始めるには最適な場所です。

 

最後になりますが、あなたは遠距離用メガネが必要だと思いますか?

答え: