メガネ| 眼科知恵袋 SmartBuyGlasses JP

プラのレンズ:視力矯正の必要ない方向け 

プラノレンズとは?

処方箋のない眼鏡はプラノレンズと呼ばれており、つまり視力矯正をしないということです。

眼鏡処方箋でのプラノとは?

もし片方の目のみ視力矯正が必要であれば、視力矯正を必要とする目に視力矯正レンズを使用し、健康な目にはプラノレンズを使用した眼鏡を使用します。

その場合には、「SPH」、「PL」、「PLANO」または「00」と書かれています。

これらは全て同じレンズには視力矯正がありませんという意味です。

プラノレンズが必要?

プラノレンズ眼鏡を着用する方は、視力矯正なしのお洒落目的であることが多いです。

通常、処方箋なしの眼鏡フレームは、安価なプラスチックのデモレンズを使用しています。

しかし、デモレンズは着用に適しておらず、目に損傷を与える可能性があるため、プラノレンズと取り換える必要があります。

 

プラノレンズ価格は通常の処方箋レンズと変わりませんが、プラノレンズの入った眼鏡を着用するのが非矯正時には最も安全です。

プラノレンズは、傷防止加工など様々な保護コーティングを提供し、有害なUVライトをブロックします。また、カラーレンズ[MS6] を必要とするアクティビティをされる方はプラノカラーレンズを使用することもできます。

プラノコンタクトレンズ

プラノレンズの別例は、カラーコンタクトです。  

一般的に、コンタクトレンズは常に強制力があり、顧客の要件に基づいて製造されていますが、お洒落目的のカラーコンタクトレンズはそうではありません。

それ以外に、プラノコンタクトレンズは通常のコンタクトレンズ同様の取り扱いが必要であり、つまり消毒などを使用した清潔な手でどんな時も取り扱い、目を雑菌から守ります。

 

ご質問等ございましたら、当社の眼鏡技師にお気軽にご相談ください!当社のオンライン眼鏡技師のケイトリンについてはこちら[MS7] 。