メガネ| 眼科知恵袋 SmartBuyGlasses JP

メガネのクリーニングの仕方

メガネを美しく保ち、レンズに傷がつくのを防ぐ最も簡単な方法は、毎日メガネをクリーニングすることです。メガネのクリーニング方法に関しては、何が効果的で何が効果的でないかについて、誰もが自分自身の意見を持っています。しかし、不要な損傷を与えないために、正しい方法を知ることは不可欠です。あなたのメガネを最高の状態に保つために、メガネのレンズとフレームをクリーニングするベストな方法を学びましょう。

 

最適なメガネのクリーニングの仕方

多くの人は、レンズのクリーニングが正しく行われないと、実は有害であることに気づいていません! メガネのレンズをクリーニングする時に安全でない素材を使用すると、表面に傷がついたり、台無しになったりすることがあります。ここでは、ダメージを作らないようにするためのメガネのクリーニングのコツをご紹介します。

 

最適なメガネレンズのクリーニングの仕方

レンズにゴミや汚れが付着している場合は、まず少しぬるめのお湯ですすいでください。その後、専用のレンズクリーニングスプレーとマイクロファイバー製の糸くずの出ない布を使って、汚れやゴミをやさしく拭き取るとよいでしょう。

もしあなたが、適切な用品をどこで入手したらよいか悩んでいるのなら、幸運です。SmartBuyGlassesは、各メガネにレンズクリーニングクロスを無料でお付けしています。スプレーについては、どのようなメガネ用スプレーでも適しています。ほとんどのメガネ店、薬局、スーパーマーケットで見つけることができます。

 

メガネフレームのクリーニングの仕方

光学レンズスプレーは、一般的な汚れを落とすのに十分な優しさがあるので、フレームにも使用することができます。処方箋付メガネを掛けて激しい運動をする場合は、こまめに汚れを落としておくことが大切です。 

 

レンズのクリーニング時に避けるべきこと

ティッシュや服から距離を置くこと

シャツ、コットンティッシュ、ナプキン、ペーパータオル、食器洗い用洗剤は絶対に使用しないでください。これらのものを使用すると、時間の経過とともにレンズのコーティングが損傷し、メガネの保証が無効になることがあります。

これらの日用品は一見無害に見えますが、小さな素材でできており、表面に凹凸があるため、レンズに傷をつける可能性があります。これらの傷は、メガネを通る光の通り方を歪め、将来的に視力の問題や目の炎症につながる可能性があります。レンズクロスを洗う必要がある場合、柔軟剤を入れるとメガネに縞模様がつくことがあるので、避けてください。

 

海から離れること

海は、特にレンズコーティングが施された処方箋付メガネを破壊します。海辺の近くの塩分を含んだ空気や海水に定期的にさらされると、多くのものが錆びたり劣化したりします。レンズが塩水にさらされると、破損する可能性があり、メーカーの欠陥としてカウントされないことを覚えておくことが重要です。次回海に行かれる日には、安全な場所に保管し、海から遠ざけておくことを忘れないでください。

 

食器洗剤、窓クリーナー、唾液を避けること

メガネは投資なので、汚れがついたら唾液で拭き取ろうと直感的に考えるかもしれません。しかし、唾液は不衛生で、汚れや粒子をさらにまき散らす可能性があります。別の方法で、一般的な表面やガラス用に作られた洗浄液をメガネに使おうと思うかもしれません。多くの洗浄液に含まれる化学薬品は、目に近づけると危険で、レンズをダメにする可能性があります。メガネレンズ用のスプレーや布は、メガネ専用に作られたものだけを使用するようにしてください。

インターネットで検索をすると、ほとんどの情報源で、メガネのレンズを洗浄する際に食器用洗剤を使用する方法が紹介されています。しかし、あなたのメガネに反射防止、UVカット、ブルーライトブロックなどの特別なレンズコーティングが施されている場合、これは大きな間違いです。これらのコーティングが施されたメガネに食器用洗剤を使用すると、時間の経過とともにレンズコーティングが剥がれ落ち、壊れてしまいます。コーティングを剥がすことで、レンズは他のダメージも受けやすくなります。

 

メガネの清潔さを確保するためには、何が必要ですか?

メガネを清潔に保つ方法

メガネがすっかりきれいになったら、次に大切なのは、その状態を保つために正しく保管することです! 最適なメガネケースは、メガネが潰れないような、硬くて保護力のあるものです。アイウェアに関する詳しい情報は、オプティカルセンターでご確認ください。また、オンラインでコンサルタントにご相談ください。