サングラス| 眼科知恵袋 SmartBuyGlasses JP

あなたのサングラスに最適なレンズを選ぶ

素晴らしいサングラスを選ぶ秘訣は、それに合うレンズの適切なセットを見つけることです。あなたのレンズがきちんとフィットし、見栄えが良く、そしてあなたが持っている目の状態を修正することを望むかもしれません。しかし最も重要なことは、サングラスが有害な紫外線からあなたの目を保護することです。サングラスのレンズを選択する際に考慮すべき3つの重要な要素があります。レンズの素材、レンズの色、レンズの処理です。

 

レンズの素材

これまでに作られた最初のプラスチックレンズは、CR-39と呼ばれるプラスチックポリマーから作られました。ポリカーボネートレンズは80年代に導入され、今日までサングラスレンズの最も一般的な素材です。ポリカーボネートレンズは、標準のプラスチックレンズよりも大幅に軽量で耐衝撃性に優れているため、衝撃が発生した場合に破損する可能性が低いため、非常に人気があります。素材の選択肢として、ポリカーボネートレンズは、子供用のサングラス現代的なサングラス、またはスポーツで使用する際には最適です。

 

高屈折率プラスチックは、サングラスレンズに使用される最新かつ最高のタイプの素材です。それらは、ポリカーボネートレンズよりもさらに軽く、薄く、平らです。実際、強力な度付きレンズが必要な場合は、高屈折率プラスチックがサングラスレンズに最適なタイプの素材です。

 

レンズの色

ほとんどの人は暗いレンズがより良いUV保護を提供すると信じていますが、レンズの色と保護の量は関係がないと知ると驚くかもしれません。これは、紫外線を遮断するコーティングが実際には透明であり、暗いレンズが必ずしも最大限の紫外線保護を提供するとは限りません。

ただし、レンズの色相は依然として視覚のパフォーマンスに関して重要な要素です。一部の色は特定のアクティビティに適しているため、サングラスに最適なレンズの色を検討する価値はあります。

 

一般的に言って、まぶしさを軽減し色を歪めないレンズを探しているのなら、より暗いレンズが良い選択です。これらのレンズは、一日中サングラスをかけている可能性がある方に最適です。緑色のレンズは、人間の視力に最も似ている視覚的な明瞭さを提供をすること目の保護する為、一日中使用する場合に適しています。 茶色または琥珀色のレンズは、色のコントラストを高めることで知られている赤い色合いを持っています。その為、テニス、釣り、ゴルフ、セーリングなど、正確な奥行きの認識が重要なスポーツ・アクティビティに最適です。

色の調整は、フルティントレンズだけにとどまりません。光変色性レンズとしても知られるトランジションレンズでも利用できます。これらのレンズは、紫外線に直接さらされると暗くなり、さらされない時はレンズが透明になります。これは、屋内と屋外の間を頻繁に移動する場合に非常に便利です。

 

レンズトリートメント

傷防止・グレア防止・反射防止・UV保護コーティング・ミラーコーティング、さらには偏光コーティング等、レンズに適用できるレンズ処理のリストは無限にあります。

 

しかし、長持ち使える素晴らしいサングラスに投資をしたいのであれば、少なくとも以下の4種類のレンズ処理のうち1つが施されたレンズを選択することを強くお勧めします。

 

傷防止コーティングにより、砂、財布の中身、シャツの袖などの表面によってレンズが傷ついて台無しになることを防ぐことができます(レンズは常にそのように傷つくことがわかっているため)。

 

アンチグレア、反射防止、偏光レンズコーティングはすべて、視覚の品質を向上させ、強い日光の下(10分以上の露出)で活動する際に太陽のグレアを減らしたい方に最適です。

 

有害な紫外線から目を保護するためにはUV保護コーティングが不可欠です。サングラスにはこのコーティングが必要です。ミラーレンズは光を偏向しますが、おしゃれ目的で選択されることが多いです。、アンチグレア、反射防止、およびスクラッチ防止レンズ処理が適用されたレンズを選択することをお勧めします。

 

Diagram

Description automatically generated