専門家に相談| 眼科知恵袋 SmartBuyGlasses JP

処方箋付きメガネの傷を除去する方法

メガネのレンズに厄介な傷ができてしまい、「処方箋付きメガネの傷はどうやって消せばいいんだろう」と悩んでいませんか。ネットでざっと見たところ、メガネの傷を消す簡単な方法を自由に選べるようです...とても簡単です。あまりに簡単すぎて、本当とは思えないかもしれません。現実には、これらの方法は傷ついたメガネを修理するよりも、さらに傷を大きくする可能性の方がはるかに大きいです。

 

がついたメガネの清掃方法

オンラインで見つけることができる、メガネから傷を除去するためのいくつかのDIYの方法は、歯磨き粉、重曹、さらには家具磨きなどのいくつかの一般的な家庭用品を含んでいます。

これらの大きな問題の一つは、すべてのこれらの項目に含まれる化学物質の研磨剤の性質に依存していることです。

 

これらの方法でメガネの傷を取り除くと、特殊なレンズコーティングを損傷する危険があるだけでなく、レンズの形状が変形する可能性もあります。処方箋付きレンズの機能全体は、人生を明確に見るために必要な調整を施されています。レンズを少しでも変更すると、処方箋付きメガネの機能に不可逆的な影響を与え、以前よりも悪い状態になります。

 

 

がついたメガネは、目に悪影響を与えますか?

不便さを我慢し、文字通り、傷を見過ごそうとする誘惑があるかもしれません。しかし、傷のついたメガネをかけることは、片方の目に何かが入っているのと同じくらいイライラすることです。

 

例えば、メガネのレンズの傷は、特定の角度で光をとらえ、その矛盾に目を奪われます。傷のついたメガネを修理できないことは、単に厄介なだけでなく、問題を引き起こす可能性もあります。傷のあるレンズは視界を遮るものがないため、見ているものに集中しようとして目が疲れ、緊張し、頭痛を引き起こします。目の健康に関する知識の発展により、ブルーライトメガネの需要の増加など、目の健康管理はこれまで以上に重要となっています。

 

 

 

専門家は、メガネの傷を除去できますか?

残念ながら、メガネ店や検眼士のところに行っても、処方箋付きメガネの傷の除去を解決することができません。レンズがこのように傷つくと、レンズのコーティングだけでなく、レンズ自体へのダメージも永久的で、どんなに専門知識があっても解決に近づくことはできません。レンズを交換し、今後必要な予防措置をとることが最善の選択です。 

 

 

メガネの交換方法とは?

レンズを交換する際には、どのような機能が自分のライフスタイルに最も適しているかを検討することが不可欠です。Arise HDレンズには複数のコーティングオプションがあり、メガネの傷の取り方を探す必要がなくなります。コーティングだけでなく、機能性を高めるためにTransition®レンズのような便利な機能も検討することができます。 

 

メガネに傷がつかないようにする方法

メガネの傷を防ぐ方法というテーマでは、上記のようなレンズコーティングだけでなく、継続的なケアと将来のダメージ回避のためにできるステップも検討するとよいでしょう。よくある間違いですが、暖かい気候の中でメガネを車内に放置することは避けるべきです。熱によって傷のつきにくい層が破壊され、保護されていないレンズがダメージを受ける危険性があるからです。ハードタイプの収納ケースは、メガネに傷がつくのを防ぐ理想的な方法です。

 

 

レンズの傷を防ぐための最後の必須ツールは、クリーニングに適した素材の布を用意することです。ティッシュでもなく、シャツの隅でもなく、マイクロファイバー製のクロスが最適です。用途に合わせたレンズスプレーと一緒に使えば、新品のレンズを大切に扱え、失敗を繰り返さずに済みます。

 

簡単なDIYは魅力的ですが、自宅で解決する方法はありませんし、傷のついたメガネをさらに傷つけてしまう危険性もあります。上記のように、唯一の具体的な解決策は、レンズを交換し、必要な措置を講じてメガネを保護することです。私たちのスタイリッシュなデザイナーメガネのラインナップをチェックして、どれがあなたにぴったりなのか見てみましょう!