メガネ| 眼科知恵袋 SmartBuyGlasses JP

どのタイプの老眼鏡があなたに適していますか?

老眼鏡は、その名前が示すように着用者が小さなテキストを読んだり、携帯電話・コンピューターの画面、または針の糸などの近距離の物体を見ることを助ける眼鏡です。

安価な老眼鏡にはいくつかの種類があります。それらはすべて、近くにある対象物に焦点を合わせることができないという課題を対処します。オンラインや市販のシングルビジョン老眼鏡を手に入れることは簡単ですが、老眼鏡が必要だと思われる場合は、まず視力検査を受けられることをお勧め致します。 緑内障、白内障、黄斑変性症などの問題もチェックすることをお勧めします。

 

老眼鏡が必要な兆候

最近、本を読んだり携帯電話を使用したりしている時に、視界がぼやけていると感じたことはありませんか?これは、老眼鏡の購入を検討する時の重要な兆候の1つです。その他の兆候としては、近距離で何かを見るときに目を細める、小さな活字のテキストを読むのが難しい、読書後の頭痛や目の疲れ、本や新聞をよく見える高さの位置に腕を伸ばして維持する、日々の生活での目の疲れの増加を感じるなどがあります。

 

老眼鏡が必要なのはどのような人ですか?

私たちは40歳に近づくと、目のレンズは徐々に柔軟性を失い、硬くなります。その結果、視力が不明瞭になる傾向があり、対象物を非常に近くまたは遠くに引き離す必要があります。老眼鏡が必要な兆候としては、小さなテキストを読む際の疲れや頭痛、近距離で何かを見ているときに目を細めたり、対象物を見るためによく見える高さで腕の位置を維持するなどがあります。

 

これらは老眼の症状で、通常は加齢に伴う症状であり、一定期間にわたって発生し悪化します。これは、近距離で屈曲して焦点を合わせる能力を失っていくので、老眼患者は可能な限り遠くに対象物を持っていきます。最近は、近距離で対象物、特にデジタルデバイスを使用して作業をすることが多い為、40歳未満の人でも老眼になる可能性があります。したがって、快適な度付き老眼鏡を使用すると、視力が拡大するため、視力矯正に役立ち、それによって小さな印刷物の文字が大きく見えて読みやすくなります。これは日常の中で不快感を感じているあなたの目を助ける最良の解決策です。

 

老眼鏡をかけている人で、眼鏡を外すとテキストがぼやけて小さく見えるため、状態が悪化すると感じる人もいます。これは脳で視覚情報の処理をしていることが原因だと知っていましたか?眼鏡をかけている時に、読みやすいはっきりとしたサイズのテキストを、脳が視覚情報として処理をし、それに慣れているということ意味します。その為、眼鏡を外したときに、テキストがぼやけて状態が悪化したと感じます。

どんな強度の老眼鏡が必要ですか?

老眼は進行性であるため、40代の患者には低倍率の老眼鏡、60代の患者には高倍率のレンズから始めることをお勧めします。 +1.00パワーのメガネは強度が低く、倍率が比較的低いと見なされますが、+ 3.50のメガネは高パワーレンズと見なされます。

下の表を参考にして、注文する老眼鏡の強度を簡単に判断できます。コンピュータの画面で読むのではなく、こちらの表を印刷することをお勧めします。あなたがこの表を印刷した時、このテーブルは約12㎝の幅でなければなりません。次に、眼鏡をかけずに約35㎝の距離で読んでみてください。

主にコンピューターの使用中に老眼鏡を使用する場合は、より低い老眼鏡を選択することをお勧めします。見たい対象物の距離が遠い場合は、低倍率の読み取りグラスパワーが使用されます。対照的に、老眼鏡を使用して非常に近い物や非常に小さい物を見る場合は、年齢によって推奨している老眼鏡のパワーチャートよりも、高倍率のより強力なレンズが必要になります。

一般的に選択できない老眼鏡が2つある場合は、倍率の弱い老眼鏡よりも強すぎる老眼鏡の方が不快感を感じることが多いため、倍率の弱い老眼鏡を選択することをお勧めします。

老眼鏡は両方のレンズが同じ倍率であるということを覚えておくことが重要です。老眼鏡は正確な処方箋に合わせてカスタムメイドされているわけではありません。しかし1つの利点は、大量生産されているため、通常の処方箋が必要なメガネよりも安価であるということです。 SmartBuy Readersなどのブランドでわずか3,800円から、複数のペアを購入できるため、常に近くに眼鏡を置いていただくことが可能です。老眼鏡をオフィスに、1つをハンドバッグに、もう1つを車に、もう1つを自宅に置いておくと、日々の生活を快適に過ごすことができます。

 

オンライン購入の老眼鏡と処方箋付き眼鏡

あなたの目には2つの異なる処方箋が必要である可能性がありますが、市販またはオンライン購入の老眼鏡は同じ処方箋の提供が可能です。これは、安価な老眼鏡に関して、目の矯正の必要性を判断するのは、あなた次第であるということを意味します。

SmartBuyコレクションを使用すると、お気に入りのフレームに正確な処方箋を追加することができます。ただし、これには検眼医の診察が必要です。一般に「詐欺師」として知られている老眼鏡は、仲介業者を抜き取り視力矯正にすばやく提供をすることがあります。そこでSmartBuyReaders Collectionがサービスを開始するようになりました。ただし、市販の老眼鏡やオンラインで購入をした老眼鏡は、小さな活字を読む場合の小さな修正にすぎず、毎日の度付き眼鏡の代わりとしては使用しないでください。

老眼(遠視)は、人によって重症度が異なります。その結果、レンズはいくつかのレベルの倍率で利用が可能です。ほとんどの人は+1.00から+3.00の間にありますが、この範囲内であっても、間違った倍率レベルを選択すると、視界がぼやけ、目に不快感を感じる可能性があります。

したがって、老眼鏡をオンラインまたは店頭で購入するときは、適切なレンズタイプを選択することが重要です。

 

レンズの種類

度付き老眼鏡の場合、一般的な単焦点の安価な老眼鏡とは対照的に、多焦点レンズまたは累進レンズの入手ができます。老眼鏡が必要だと思う場合は、それぞれの目の異なる「ADDパワー」の確認の為に、検眼医に行く必要があります。検眼医はあなたがあなたの度付き老眼鏡をオンラインで購入するために、あなたが以下のレンズタイプを調べることを提案します。

•多焦点:シングルビジョンレンズは老眼の症状を改善しますが、より複雑な視力の問題を抱えている人は、他のタイプの高度なレンズを検討する必要があるかもしれません。

累進レンズ:累進レンズは、目が自然に調整しているレンズパワーの増減を特徴としています。つまり、異なる度数でもスムーズに移行ができます。これは安価な老眼鏡を1組だけ使用し、老眼、近視、遠視、またはその他の視覚的な問題を解したい場合に最適です。

私たちが提供しているオンライン購入が可能な老眼鏡と眼鏡の種類の詳細については、こちらのガイドをご覧ください。

 

最も人気のある老眼サングラス

最もお得なオンラインで購入できる老眼鏡は、SmartBuyReadersコレクションです。この限定コレクションは2018年から発売が開始しました。このサービスは一般的には40歳以上のお客様を対象に、日常生活の質をさらに高めることを目的としています。SmartBuy Readers老眼鏡は手頃な価格でありながら、よく考えられたデザインかつ頑丈です。すべてのスタイルに既製の度付きレンズが付属が可能で、+ 1.00、+ 1.50、+ 2.00、+ 2.50、+ 3.00、+ 3.50から選択ができます。また私たちはこのコレクションでワールドビジョンと提携し、ザンビアの女性と子供たちに寄付をする活動を行っております。