メガネ| 眼科知恵袋 SmartBuyGlasses JP

子どもにメガネは必要ですか?

もしあなたが「うちの子にメガネは必要かしら」と思っているなら、それは正しい判断です。お子様の視力は重要ですが、幼少期に処方箋付メガネが必要かどうかを判断するのは難しいかもしれません。または、お子様が視力に問題があることをうまく伝えられないコミュニケーションが問題の場合もあります。視力の問題が発見されないと、お子様の日常生活に影響を与える可能性が出てきます。視力に問題があることを自覚していない場合もあるので、すべての子どもは1年に1度は眼科検診を受けることが大切です。

 

この記事では、お子さんにメガネが必要かどうかを理解するために、気をつけるべき主な兆候について説明します。この記事を読んでいただいた、お子様の視力に不安がある場合は、お近くのメガネ店で専門家による視力検査を受けてください。

 

なぜ子どもにメガネが必要なんですか?

お子様がメガネを必要とする理由はさまざまです。以下のような理由があります:

 

• 視力の改善(近くを見る、遠くを見る、またはその両方を行う)

• 弱視や斜視の視力強化

• 目の位置の改善(寄り目、ズレ目など)

• 片方の目の視力が低下した場合の保護

 

お子様にメガネが必要なサイン

お子様にメガネが必要であることを示すいくつかのサイン:

 

1. 目を細める 

もし、あなたのお子さんが頻繁に目を細めて何かを見ているとしたら、屈折異常の可能性があります。屈折異常は、目のピント合わせに影響し、目を細めることで視界の焦点を合わせることができます。目を細めることに関連するもうひとつの病気は、弱視です。幸いなことに、これらの病気は早期に発見されれば、矯正することができます。

2. 過度の涙、目をこする、目の疲れ

お子様がいつもより頻繁に目をこすっていたり、目が疲れたと訴えていることにお気づきでしょうか。これらのサインは、お子様の目が酷使されていることを示しているかもしれません。過度の涙や目の疲れは、現代では避けることができないデジタルスクリーンから発せられるブルーライトが原因である可能性があります。そこで、私たちは有害なブルーライトをカットしてくれるブルーライトブロックメガネをお勧めします。テレビを見るとき、パソコンで宿題をするとき、学校のプロジェクターを見つめるとき、このメガネをかければ安心です。 

3. 指を使って読む

お子様との読書の時間に、指を使って読むようになったことにお気づきになったかもしれません。多くの場合、これはページ上の単語を追うのを助ける方法です。しかし、これは弱視の兆候である可能性もあります。

4. 片目を隠して見る

弱視の可能性を示すもうひとつのサインは、片方の目を隠して対象物をよく見ている場合です。お子様が問題を抱えているかどうかを確認する簡単な方法は、片目ずつを隠し、何が見えるか、どちらの目がよりはっきりと見えるかを尋ねることです。

5. スクリーンの近くに座る

子どもは誰でも、テレビの近くにに座り、好きな番組を見るのが大好きです。しかし、もしそれが頻繁に行われるような場合は、あなたのお子さんは近視の可能性があります。近視は近見視力とも呼ばれ、近くのものははっきり見えるのに、遠くのものはぼやけて見えるという症状です。テレビから離れたところに座ってもらい、それでも映像がはっきり見えるかどうか聞いてみてください。そうでない場合は、お近くのメガネ屋さんを予約してください。 

6. 遠くの物がぼやけていると不満を言う

あなたのお子さんが、サッカー場で選手がはっきり見えないと訴えたり、教室の前にいる先生が見えないと悩んだりするかもしれません。このような問題は、近視である可能性があり、遠近両用メガネが必要です。しかし、近くのものがぼやけて見えると言うのであれば、遠視の可能性があります。これは、目の近くの物は見えるが、遠くの物が見えにくい状態です。 

7. 読書中に読んでいる場所が分からなくなる

お子様に声を出して読んでもらうことは、読み書きの能力を向上させ、お子様の視力と文章を読む能力を観察するのに役立ちます。もしお子様が、ページに何が書いてあるのかわからない、文字が歪んで見える、ぼやけて見えると言った場合は、視力に問題がある可能性があります。また、視力が頻繁に低下する場合は、斜視や乱視の可能性があります(光が目の中の複数の場所に集中している状態)。この場合、視界がぼやけ、頭痛や眼精疲労を引き起こす可能性があります。

8. 極度の光線過敏症と頭痛

あなたのお子さんは、暗い部屋を好んだり、晴れた日に外に出ると頭痛に悩まされたりしていませんか?お子様は、光に敏感な羞明(しゅうめい)の可能性があります。そのため、特殊なレンズやUVカットサングラスを使用することができます。これらのフレームは、お子様の光に対する過敏症の程度を軽減するのに役立ちます。

 

うちの子には本当にメガネが必要でしょうか?

もし、あなたのお子さんが上記の8つの兆候のいずれかをお持ちの場合、専門的な診断を受けるために、医師の予約を取ることをお勧めします。お近くのメガネ店では、目の健康状態をチェックし、問題があれば診断をしてもらえます。ただし、お子様がテレビに近づきすぎているからといって、必ずしも処方箋付メガネが必要なわけではありませんので、メガネ店の診断をお待ちください。

 

子供用処方箋付メガネを買える場所

SmartBuyGlassesは、メガネ店の予約の後に子供の処方箋付メガネを見つけるのに最適な場所です。正しい処方箋があれば、オンラインで簡単かつ迅速にフレームを注文することができます。あなたの小さなお子様がそのメガネを気に入るかどうか、不安ですか?私たちのバーチャル試着ツールを使って、購入前にオンラインでメガネを試着することができます。そして何より、すべてのフレームに100日間の返品保証がついているので、お子様の気が変わったら返品することができます!