目の健康| 眼科知恵袋 SmartBuyGlasses JP

ブルーライトグラスについて知っておくべきことのすべて

過去数年間、検眼医は、デジタル眼精疲労に関係する患者の増加から苦情を受けています。 報告されている症状には、ドライアイ、めまい、頭痛、かすみ目、不眠症などがあります。 確かに、この新しいタイプの目の状態の例は、今では非常に多く、「コンピュータービジョン症候群」という名前さえあります。 既知の原因があります。これは、私たちが毎日使用しているデバイスの画面から放出される青い光が原因のようです。 ブルーライトは潜在的に有害な種類の光です。太陽からも自然に放出されますが、電子機器(私たちが毎日ますます多くの時間を費やしている)からも多くの光が放出されています。415nm〜455nmの波長のブルーライト光線は網膜細胞に損傷を与える可能性があり、将来的には早期の目の老化や、視力の問題につながる可能性があります。

ブルーライトは敵ですか?

ブルーライトの問題は、UVライトの問題と似ています。紫外線は太陽から放出され、少量で問題ありませんが(たとえば、日焼けを与えるものです)、長時間あびることは、極端な場合にはヒリヒリした日焼けや皮膚がんにつながる可能性があります。

 

ブルーライトも同様です。紫外線のように太陽から放出され、日焼けや皮膚がんを引き起こすことはありません。しかし、それでもかなりの数の問題を引き起こす可能性があります。上記のコンピュータービジョン症候群に関連する症状を参照してください。コンピュータの画面から発せられるブルーライトは、太陽から発せられるものと比べるとやや程度の軽い物ではありますが、それでも有害です。これは、LEDスクリーンを長時間見続けることと、私たちの目がブルーライトの保護をすることにうまく適応していないという事実の2つの要因の組み合わせによるものです。

 

ブルーライトから目を守るための6つのヒント

 

1.目をチェックする

目の健康上の問題を未然に防ぐ最善の方法は、定期的に目をテストすることです。これにより、コンピュータービジョン症候群の症状のいずれかをお持ちだと感じた時に早期的に対処をすることができます。眼鏡技師はそれぞれの悩みや症状の種を早期に摘むアドバイスを提供することができます。以下のリストに記されていることを全て実施し、安全対策を講じたとしても、定期的な視力検査を受ける必要があることを覚えておいてください。少なくとも年に一度は目の定期健診をされることをお勧めします。

 

2.ブルーライトグラスを購入する

ブルーライトへさらされることによって引き起こされる問題の大きさを認識し、眼鏡業界はコンピューターレンズまたはブルーライトブロックレンズを開発することで対応してきました。ブルーライトが目に入るのを防ぐコーティングで処理をしているため、着用者は長時間LEDスクリーンを見ながらお仕事をする場合でも集中ができ、疲労や緊張などの視力の問題が発生するリスクもはるかに低くなります。zFORT®テクノロジーを採用したアンチブルーライトグラスが、ブルーライトから目を保護する理由についてより詳しく知りましょう。

 

3.水分補給を心がける

目が乾燥する理由はたくさん考えられますが、目の乾燥はデジタル眼精疲労の一般的な症状です。あなたの体の他のすべての部分と同じように、あなたの目は健康で滑らかに保つために水を必要とします。目の乾燥を抑える最良の方法の1つは、たくさんの水を飲むことです。さらに、適切な水分補給を行うことで、倦怠感や喉の渇き、頭痛などの迷惑な症状を感じにくくなります。

 

4.休憩を取る

私たちの多くはコンピューターを利用しこなすタスクの量を考えると、一日中コンピューターを利用し、画面を何時間も見続けることは避けられません。ただし、目を保護するために実行できる簡単なエクササイズがいくつかあります。人気なエクササイズの一つとして、20-20-20ルールが一般的に知られています。20分ごとに目を休ませてください。休憩のたびに、画面から約20秒間目をそらし、数回まばたきをした後に数秒間目を閉じて、目を潤わせてリフレッシュします。このエクササイズを行ったら、立ち上がって動き回り、20フィート(6m)離れたところにあるものを見てください。こうすることで、目は遠くにある対象物に再び焦点を合わせることができ、近くの対象物に焦点を合わせるときに発生する目の疲れを回避できます。

 

5.画面をきれいにします

コンピュータの画面はどれくらいきれいですか?コンピュータや携帯電話のほとんどのLED画面は、通常、指紋、マーク、ほこりの粒子で覆われています。これは、実際に目に入るブルーライトを強めたり、画面上の画像の鮮明さを悪化させてしまうことで、詳細を確認する為にさらなる緊張を引き起こします。最悪の原因は画面上のほこりです。ほこりの粒子は光を反射し、それは一日の間にあなたの目に影響を与えます。少し湿らせたマイクロファイバークロスで画面にほこりを落としれば、問題は解決です。

 

6.気分に合わせて照明を調整します

コンピュータ、タブレット、またはスマートフォンからの光の強度は、特に明るさとコントラストが高く設定されている場合、非常に厳しい場合があります。寝る前に電子書籍を読んだり、深夜に仕事をしたりするのが好きなタイプの場合、ほとんどのデバイスには、画面からの光を最小限に抑えるナイトモード機能があります。さらに、デバイスの明るさを減らす、屋内照明と同じ強度に保つのに役立つアプリがいくつかあります-私たちはf.luxが好きです。最も広く使用されているものの1つであり、完全に無料です。

 

 

ブルーライトについて読み終わり、新しいメガネを探しています。 今何をすべき?

 

おめでとう。もうここまでお読みいただいたので、難しい話はしません。それでは、あなたにぴったりのサングラスを選びましょう。SmartBuyGlassesでは、さまざまな高級ブランドバリューモデル、最先端のテクノロジーなどを提供できることを誇りに思っています。多数のブランドでブルーライトグラスと組み合わせて注文することが可能です。ご注文時に最新の処方箋を選択するだけです。見た目が好きなペアを見つけたけれど、実際に自分の「顔」でどのように見えるかわからない場合は、バーチャル試着を試してみませんか...

 

 

バーチャル試着

SmartBuyGlassesの革新的なバーチャル試着ツールは、手元にない眼鏡をのスタイルをチェックできないという問題を解決する為のオンラインツールです。このサービスはシンプルで無料です!たった2つの簡単なステップで、自宅で様々なデザイナーサングラスや眼鏡を試した様子をご確認ください。

ステップ1:自分撮りビデオを録画します。デスクトップまたはモバイルカメラを使用し、簡単なプロセスを順を追って説明すしながら5秒間で簡単な自撮りビデオを録画できます。

 

ステップ2:オンラインでメガネを試してみてください!バーチャル試着を試したいメガネのブランドページに移動します。次に、特別機能オプションの「バーチャル試着」でフィルタリングします。フィルタリングをするとメガネをかけている姿がチェックできます!数回クリックするだけで、5,000ペア以上の眼鏡と6,000ペアのサングラスをかけているに表示されます。現在のコロナ禍を考えると、現状地元の眼鏡店や眼鏡店に行くのはそれほど簡単ではありません。バーチャル試着は、実際に試さず購入を決心をするストレス、店舗への行き来の時間の浪費、実店舗への訪問でかかる通常の高額な費用を削減することができます。これは本当に完璧なソーシャルディスタンスを購入前の検討方法の1つです!

 

コンピューターレンズの詳細については、こちらのガイドをご覧になり、今すぐペアを入手してください。